新潟市立内野中学校

「自主性」「協同性」「自律性」「創造性」の育成を通して,地域とともに未来を創る生徒を育てます。

TEL.025-262-3161

〒950-2151 新潟市西区内野西1-10-1

地域

ボランティアさんに感謝する会

4日(月),恒例の「ボランティアさんに感謝する会」が開かれました。生徒代表による感謝の言葉の後,ボランティアさんの代表からごあいさついただき,特に3年生の著しい成長について称賛していただきました。

内野中学校は,学校支援ボランティアを始めとする地域・保護者のご協力・ご支援によって,充実した教育活動が展開できています。本当にありがとうございます。今後ともよろしくお願いいたします。

卒業に向けて②

卒業式まで,残すところ2週間を切りました。今週21日(木)の3学年朝会では,転出された旧学年部職員からの「卒業おめでとうメッセージ」が流され,また22日(金)には,佐藤正人同窓会長にご来校いただき,同窓会入会式を行いました。

道徳 公開授業研修

本日,14日(木)に地域の方,約50名に参加していただき,3年生が道徳の授業を行い研修を深めました。

指導者は昨年度に引き続き,早稲田大学教職大学院の田中博之先生においでいただき,新潟大学教職大学院の准教授,院生,新潟市教育委員会学校支援課指導主事も参観に訪れました。

テーマは「未来の自分について考える【D よりよく生きる喜び】」として,次年度採択予定の教科書から「手紙~拝啓十五の君へ~」を題材として試行しました。

多くの課題が明らかとなったことが最大の成果ですが,地域の方々が協議会に参加して意見交換を行っていただくなど,ここでも地域と協働する「内野スタイル」があふれるるものとなりました。

「史佳Fumiyoshi」 講演会

本日,公民館,内野地区青少年育成協議会との共催で,国内外で三味線奏者として活躍されている史佳Fumiyoshi様(学区在住)と高橋竹育様,更家健吾様にご来校いただいて講演会を実施しました。「三味線と生きる」のテーマのもと,史佳Fumiyoshi様のこれまでの人生を通して,「生き方」「いのち」「家族愛」「夢の実現」など,たくさんのお話をしていただくとともに,三味線の演奏を聴かせていただきました。古典の楽曲だけでなく,現代風にアレンジされた楽曲では全校生徒が立ち上がって,曲に合わせて大いに盛り上がりました。

地域の方,保護者の方にも多数ご来校いただき,素晴らしい講演会となりました。ありがとうございました。

拡大学校保健委員会を行いました

「育てよう心の健康~逆境に負けない!心の筋肉を鍛えよう」のテーマで新潟市 スクールカウンセラー坂井淳子さんの講演、保健委員長の事前調査紹介後、グループ討議を行いました。地域の方と生徒の話し合いを通して、思春期の心を見詰め直す貴重な機会となりました。

内野まつり

今年もPTAが内野まつり  民謡流しに参加します。

夏の風物詩 恒例の盆踊り

7月28日(土)に、内野上大神宮と西内野地区にて、恒例の盆踊り大会が行われました。中学生も太鼓叩きや踊り手、プラカードもちなど幅広く活躍してくれました。

海岸清掃

海の日恒例の内野海水浴場  海岸清掃を行いました。生徒会の呼び掛けで,生徒・教職員・地域の皆さまと400人を越える参加者となりました。

総合的な学習の時間 集中活動

 7月10日~11日,総合的な学習の時間の集中活動として,1学年「地域とふれあう活動」,2学年「職場体験」,3学年「上級学校訪問」が行われています。

1年生 地域とふれあう活動(着付け)

2年生 職場体験(新潟大学生協)

 

 「地域」と「キャリア」の視点から,3年間を通して,将来的に地域とどのようにかかわるか,どのように貢献できるかを考え,その中で自分のキャリアプランニングを固めていく学びの活動です。

3年生 上級学校訪問(新潟大学)

 

 今年度は特に特定連携協力校の強みを生かし,新潟大学教職大学院の協力で大学での講義・授業体験も行われています。

内野地区幼小中連携推進協議会

6月22日(金)に内野中学校を会場に,内野地区の幼小中の教職員が一堂に会して,今年度の教育の方向を確認し,「人権教育,同和教育」の研修会を実施しました。

講師に新潟市教育委員会 中野敏之指導主事をお迎えし,「教職員としての人権感覚を磨くとともに,学校・園における『人権教育,同和教育』の在り方を考える」というテーマでご講演と演習をしていただきました。

幼小中の連携の必要性はますます高まっています。また新潟市では,2020年から「小中一貫教育」を展開することを明示しています。

幼小中の教職員の連携を深めながら,内野の子どもたちの健やかな成長に寄与したいと考えています。